一棋客の思考の欠片

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006コンピュータ将棋選手権 二次予選見学記(下)

<<   作成日時 : 2006/05/05 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

さて、観戦の合間に山下さんをつかまえて、変則将棋を指しました。名づけて自由配置将棋。
画像

ルールはここでは詳しく説明しませんが、本将棋に比べるとやや粗くなるのが欠点です。まだルールの研究段階です。指すときは本将棋と一緒。ちなみに僕が手前で必勝の局面です。(ルールを教えながらやったから当然の結果ですが・・。)
僕は将棋が終わった(コンピュータに負けた)ときのことを少し心配して、新しいものを考案しようとしていますが、その一つです。チェスでも変な変則ルールがでてきた様子ですが、評判は悪かった様子。バランスよくシンプルに新しいルールを作るのは難しいです。将棋が進化した過程での昔の人々の知恵を感じます。

さて脇道に逸れましたが・・・。8回戦で全勝の柿木将棋とBonanzaが激突。柿木は決勝への進出を決めています。面白い将棋で、二次予選のハイライトでしょう。

画像

左奥は解説の勝俣五段です。後姿で座っていて山下さん(後姿)と話しているのは早稲田の瀧澤先生です。
プロジェクターの画面は相穴熊でがっぷりよっつに組んで、さてこれからという局面。プロと変わらない感覚だと勝股五段。「いやぁ強いですね」を連発していました。

画像

Bonanzaのログ画面に見入る、将棋プログラマ達(他チームの)。出力ログから中の仕組みを予想しあっています。まさに興味津々。

画像

一番右で見ているのは第一回コンピュータ将棋選手権の優勝者、吉村信弘氏。「(この対局の)結果はどうでもいいから、何をやっているのか知りたい」、と正直な気持ちをちらり。僕もBonanzaの中身について、とても興味があります。山下さんの話だとCrafty(チェスの強豪、ソースも公開されている)と似たような作りとのこと。全幅探索ですが、評価関数が優れているのでしょう。(学習により評価関数をきめているとちらっと聞きましたが、まだよく理解していません)

画像

Bonanzaの持ち味が発揮されて、柿木将棋の穴熊を攻略。「いやぁ、宮田君(宮田敦史プロ、その終盤力からスーパー敦史君と呼ばれる)が中に入ってるみたいだね〜。」と勝俣プロも驚きの様子。Bonanzaは快勝で決勝進出を決めました。対局の詳しい様子は下の中継ブログを見てください。コンピュータ将棋選手権中継ブログの「ボナンザ、驚異の終盤力」という記事。
http://computer-shogi-live.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_efb7.html
駒を華麗に捨てて、見事に必至をかけました。「いや、強いわ。これは宮田君(敦史五段)そっくりの寄せです。『将棋世界』今月号(6月号)79ページの▲屋敷−△宮田敦戦を見てみてください。箱の中に宮田君が入ってるんじゃないでしょうね」(勝又五段)。ボナンザはこれで7勝1敗。決勝リーグ進出を決めました


画像

8回戦が終わったあとのシード組、三者の歓談の様子。紳士的に会話しながらも、本音では『明日はどんな風にカタにはめてやろうか』とお考えらしい(山下さん曰く)。うむむ、まさに「笑裡蔵刀」ですね。こわい、こわい・・・(^^);。
 さてこの中で、明日、最後に笑っているのは誰でしょうか。KCCがマシンがかなりパワーアップして、昨年参加した(前マシンの)プログラムに対し(10-0)の勝率だったとか・・。YSSの山下さんは自信ありげでしたが、僕はKCCがかなりあなどれないのではと考えています。もしくはBonanzaの初出場、初優勝(しかもノートパソコンで)があるのでしょうか!? 激指がディフェンディングチャンピオンとして力を見せることも当然のようにあるでしょう。この四チームを中心にした優勝争いになるのではないか、と小谷先生はおっしゃっていました。
明日の決勝(あっもう今日か・・)が楽しみです。早起きして行きたいと思います。明日は上の写真のようなにこやかなシーンはちょっと期待できなさそですが・・・。

明日は大会終了後、優勝のプログラムとアマチュアトップクラスの強豪 加藤幸男氏の公開対局があるそうです。レーティングではまだ100ポイント以上、コンピュータの方が下らしいのですが(勝率2割くらいのレート)、公開対局という条件もあって、人としては平静を保つのが難しい。
山下さんは、コンピュータが勝ちますよとこれまた自信たっぷりでしたが、果たしてどうなるのでしょうか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ アウトレット
2006コンピュータ将棋選手権 二次予選見学記(下) 一棋客の思考の欠片/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ アウトレット
2013/07/07 07:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006コンピュータ将棋選手権 二次予選見学記(下) 一棋客の思考の欠片/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる